赤ちゃんを迎えるために☆素敵な部屋作りをして歓迎しましょう☆

    赤ちゃんが生まれる前に色々準備しておきたいこと・・・赤ちゃんの誕生を待ちわびながら準備も色々始めなければなりません。そして、赤ちゃんが快適にすごせるように部屋作りも大切です。赤ちゃんを歓迎するために素敵な部屋作りを一緒に学んでいきましょう。

    赤ちゃんの居心地が良いように☆快適な部屋作りをしよう☆

    家族全員で待ちわびている赤ちゃんの誕生。
    生まれる前に色々と赤ちゃんのお世話グッズを準備しなければなりません。
    初めての出産だと色々リサーチしながらの準備になると思います。

    赤ちゃんのための部屋作りも忘れずに準備しておきましょう!
    生まれたての赤ちゃんはまだまだか弱い存在であり、そんな小さな赤ちゃんが快適に過ごせるように部屋作りをしなければなりません。

    赤ちゃんは過ごしやすい部屋作りをするにはどんなことに注意すればよいか
    可愛い部屋作りをするにはどんなコツがあるのかを今回はご紹介します。

    特に初めての出産だと、準備に戸惑うママさんも多いと思います。
    この機会に勉強して素敵な部屋作りをしてくださいね。

    赤ちゃんだけでなく、家族みんなが気持ち良く過ごせるような・・・そんな居心地の良い部屋作りをしていきたいものですよね。
    一緒に勉強をして、可愛い新しい家族を迎えましょうね!

    まずは赤ちゃんをどこに寝かせるのかを決めて部屋作りを☆

    夜はパパやママと一緒の寝室に練るとしても、まだまだ似中の大半は眠って過ごす赤ちゃん。
    赤ちゃんが主にどこで寝て過ごすのかを決めましょう!

    パパ&ママの寝室と日中過ごす部屋が違う場合は、両方に赤ちゃんのねんねスペースが必要です。

    出典:http://mama.shufunotomo.co.jp

    赤ちゃんはベビーベッドで寝かすのか、赤ちゃん用の布団を敷いて寝かすのか
    またはクーハンやハイチェアーに寝かすご家庭もあると思います。
    兄弟やペットがいたり、ママの生活スタイルによって部屋作りの選択が変わってきます。

    ペットがいるご家庭などは日中に赤ちゃんが踏まれないようにベビーベットなどの高い場所で寝かせる部屋作りが必要です。
    生活スタイルに合わせた部屋作りをしていきましょう。

    赤ちゃんはママが側にいることで安心します。
    赤ちゃんが二ちゅう眠る場所はママが主に過ごす部屋が一番適しているかもしれません。

    日中リビングで過ごすことが多いママさんは、赤ちゃんが快適に過ごせるように、リビングのレイアウトを一度見直してみましょう。
    ベビーベットの位置はエアコン直下にならないように部屋作りをしましょうね。

    リビングの一角を赤ちゃんのスペースとして部屋作りをしている家庭は多い!

    赤ちゃんのお世話グッズはすぐに取れる場所に☆

    おむつやおしりふきといった赤ちゃんのお世話グッズは一日に何度も何度も使用します。
    用意した赤ちゃんスペースに取り出しやすいように工夫しておくようにしましょう。

    頻繁に使うおむつやおしりふきといった赤ちゃんグッズはかごなどの容器に入れて持ち運びできるようにすると便利が良いです。
    赤ちゃんごと一緒にかごごと移動させちゃいましょう。

    おむつなどは赤ちゃんをつれて買いに行くのは大変!
    パパにまとめて買ってきてもらうか、ネットでまとめて注文が便利ですね。
    ストックもどこに置くか想定して部屋作りをしましょうね。

    赤ちゃんもまだまだ幼いうちはおむつもおしりふきもすぐになくなっちゃうんです!

    ベビーベッドの下が収納としてつかえるものもありますし、クローゼットの一角を赤ちゃん用品のストック場所として部屋作りをしている人も多いです。
    子供用のタンスを早めに購入して、赤ちゃんのうちはストックなどを収納してもよいかもしれませんね。

    赤ちゃんのお世話はほぼ24時間。
    お世話グッズがすぐ手に届くようにいつでも準備しておきたいもの。
    お世話を考えながら部屋作りをすると◎。

    赤ちゃんも成長ととも部屋作りも変更を!

    赤ちゃんも5か月ぐらいになったらハイハイしたり座って過ごしたりと、ねんねの時代よりも行動範囲が広がっていきます。
    部屋の中を赤ちゃんが動き回っても安全なように部屋作りをしていきましょう。

    赤ちゃんも寝て過ごすだけではありません。
    徐々に行動範囲は広がっていくので成長に合わせた部屋作りをしなくてはいけません。

    赤ちゃんもお座りができるようになると部屋作りに遊びのスペースが必要になってきます。
    赤ちゃんが触っても大丈夫なように危険なものは手の届かないように部屋作りをしていきましょう。

    また、好奇心旺盛な赤ちゃんは高いところに上ったり、家具の角で頭をぶつけたりと様々な危険行為を始めます。
    最初から怪我をしないように、色々なことを想定しながら部屋作りができるのが理想ですね。

    大人の日常生活には赤ちゃんにとっての危険がいっぱい!
    安全に過ごせるような部屋作りをしましょうね。

    赤ちゃんが転んでも大丈夫なように、フローリングにはフロアマットを敷くご家庭もあります。
    マンション住まいで子どもの足音が気になる場合にもフロアマットは防音効果も期待できるので有効ですよ。

    赤田yんの転倒により家具で頭をぶつけることも多々あります。
    怪我をしないうちにタッチが始まる前にコーナーガード等で、危険を回避した部屋作りをしていきましょう。

    赤ちゃんが無事に成長できる部屋作りを☆

    赤ちゃんが怪我なく無事に育つそんな快適な部屋作りをしていきましょう。
    また、赤ちゃんの成長とともにその時に合った部屋作りをその都度していきましょうね☆

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ