赤ちゃんの昼寝はどのくらい?赤ちゃんの昼寝についてまとめました!

    子育てをしていると迷うことは多いですね!ウチの赤ちゃんはこうだけど、周りはどうなのか気になってしまいます。今回は、赤ちゃんのお昼寝についてまとめてみました!お昼寝に適した環境は?寝かしつける方法は?子育てにぜひ参考にしてみてください!

    赤ちゃんの昼寝~どのくらい寝るの?~

    赤ちゃんの寝る時間は?

    生まれたばかりの時は寝ていたばかりの赤ちゃんも徐々に起きている時間が増えてきます。そうすると心配になってくるのが、昼寝の時間ですね。月齢別にまとめてみました!

    新生児~生後2ヶ月頃

    睡眠の時間は16~18時間程度です。
    まだ赤ちゃんには昼と夜の区別がなく、3~4時間ごとに授乳やおむつの時間になります。

    生後3ヶ月~4ヶ月頃

    お昼寝のタイミングと時間
    午前中:1時間程度
    午後:2~3時間程度
    夕方:1時間程度

    4ヶ月頃から体内時計が動き始め、昼夜の区別が徐々につき始めます。

    生後5ヶ月~6ヶ月頃

    お昼寝のタイミングと時間
    午前:1時間程度
    午後:2~3時間程度

    この頃からたそがれ泣きや夜泣きが始まる赤ちゃんも。夜泣きがひどい場合は昼間の運動時間を増やすと夜泣きが減るかもしれません。

    生後7ヶ月~8ヶ月頃

    お昼寝のタイミングと時間
    午前:1時間程度
    午後:2時間程度

    この時期の赤ちゃんからは、そう長い時間の昼寝は必要ないみたいですよ。

    生後9ヶ月~1歳頃

    お昼寝のタイミングと時間
    午前:30分程度
    午後:2時間程度

    午前中のお昼寝は徐々に減っていき、寝る必要はなくなります。

    1歳を過ぎたら

    午前中の昼寝は必要なくなります。生活リズムを作るためにも、午前中は起きてるようにする工夫をすると良いようです。

    いかがですか?

    あくまで目安なので参考までにしてください。お昼寝のタイミングや時間は赤ちゃんによって異なります。ただ、お昼寝のタイミングがあまり夕方になると、夜眠れなくなったり、夜泣きの原因となりますので、、夕方以降は頑張って起きていられるようにするといいかもしれませんね。

    赤ちゃんの昼寝~昼寝する条件とは?~

    赤ちゃんがお昼寝するための最低条件を紹介していきます!こちらの条件が満たされていないとなかなかお昼寝してくれないかもしれません。

    お腹がいっぱいであること

    お腹が満たされていると赤ちゃんは自然に寝ていきます。母乳で育てていて、寝ている時間が短い場合は、お昼寝の前は粉ミルクをあげるなどの調整をしてあげるといいかもしれませんね。

    おむつがきれいなこと

    おむつが汚れた状態では赤ちゃんは寝られません。お昼寝の時間前にはおむつが汚れていないかチェックしてあげましょう。

    赤ちゃんの昼寝~昼寝の環境は?~

    お昼寝してくれるなら、すんなり寝てほしいと思いますよね。ここではお昼寝に適した環境を紹介していきます!

    寝る場所

    赤ちゃんがリラックスできる場所なら夜寝る場所と別でも問題はないようです。室内が暑すぎたり、寒すぎたりしないよう温度の管理はしっかりしましょう。うまくできない場合は、かけるもので調整をしてあげましょう。

    部屋の明るさ

    赤ちゃんは明るいところでも寝れますが、できるなら少し部屋を薄暗くしてあげましょう。明るい部屋ならカーテンを引く程度で大丈夫です。逆に真っ暗にすると夜と勘違いしてしまうので注意が必要です!

    静かな環境で

    赤ちゃんのお昼寝は静かな環境を整えてあげましょう。特に寝入りのタイミングはちょっとした音でも起きてしまうので、気をつけたいですね。

    赤ちゃんの周辺に物を置かない

    寝ている間に動いてしまい、窒息する可能性があるので、ぬいぐるみなどは置かないようにしましょう。また、地震などで上から赤ちゃんに落ちてしまうものがないかも気をつけてみましょう。

    赤ちゃんの昼寝~寝かしつけのコツは?~

    お昼寝の条件や環境が整ってもなかなか寝てくれないこともありますね。そんなときのコツを紹介していきます!

    大判のバスタオルやおくるみ

    月齢の低い赤ちゃんは、バスタオルやおくるみに包まれていると安心します。その安心感から寝付いてくれることも。

    ボディタッチ

    赤ちゃんを優しくボディタッチしてあげると安心して寝付きやすくなります。こちらはどの月齢でも関係なく効果があるようです。背中をやさしくトントン、額からまゆ毛のあたりをさする、頭皮をトントンなどをしてあげましょう。赤ちゃんがうとうとし始めるまで続けてみてください。

    寝かしつける場所を温めておく

    赤ちゃんをお布団に置いたとたんに起きてしまうのを防ぐことができます。くれぐれも温めすぎには気をつけてください。

    揺すってあげる

    赤ちゃんを揺すってあげると安心して寝てくれます。ゆりかごを使用するのもいいですが、ゆっくりとスクワットをするのも効果的です。
    バランスボールに乗りながら、少し弾んであげると寝る赤ちゃんもいるようです。

    音楽をかける

    オルゴールや胎動音など赤ちゃんが好む音楽を流す。胎児の時によく聞いた音楽なども効果的ですよ。リラックスできる音楽を選びましょう。

    赤ちゃんの睡眠音楽

    ピアノとシタールを使った音楽動画です。1時間近くあるので、なかなかお昼寝できなくても大丈夫そうですね。

    赤ちゃんの昼寝~まとめ~

    赤ちゃん寝かしつけと睡眠のコツ

    赤ちゃんにとって寝ることはどういうことなのか?赤ちゃんの睡眠についての動画です。寝かせる時のコツなどを紹介しているので参考にどうぞ!

    いかがでしたか?

    赤ちゃんが寝ている間はパパやママはほっとできますね。赤ちゃんが寝るためのクセをつけさせてあげると、寝かしつけが楽になりますね。今回紹介した赤ちゃんのお昼寝の方法のうちひとつでも活用できるものがあれば幸いです。

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ