赤ちゃんと添い寝ベット派?布団派?ベビーベットはどうする?

赤ちゃんが生まれたらどうやって寝るか考えますよね。ベットで寝てた人は赤ちゃんとベットで一緒に寝るのか、ベビーベットに寝せるのか、布団に変えるか。ベビーベットは買うのか借りるのか!?そんなお悩みのために情報をいろいろ集めてみました。

赤ちゃんと添い寝

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で、お母さんに包まれて過ごしていました。
ですから赤ちゃんの心音や声ぬくもりは赤ちゃんにとって、安心できるものです。

昔から日本では添い寝をすることを推奨されています。
日本では畳の上に布団を敷いて眠る文化なので、添い寝がしやすい環境ではあったと思います。

赤ちゃんと添い寝のメリット

赤ちゃんが安心して眠れる

10ヶ月間一緒に過ごしてきたママと眠ることで、赤ちゃんも安心して眠ることができます。
お腹の中で過ごしてきた赤ちゃんにとって、一人で寝るようになったことはとても不安な状態です。
すぐそばにママの匂い、心音、感触などいろいろなものを感じながら安心して眠れます。

赤ちゃんが安心して眠ることでママもゆっくり眠れ、お互いにメリットになります。

夜間の授乳の楽さ

生まれてまもない赤ちゃんは特に数時間おきの授乳が必要です。
添い寝であれば、すぐに起きて授乳できるので赤ちゃんにもママにも嬉しい環境です。

ベビーベットで別々で寝ている場合は、一度起きてベットまで行って授乳して、またベットに寝かせて・・・。
これが続くのはママにとっても大変です!

寝ている赤ちゃんの変化に気づきやすい

すぐそばで寝ていれば赤ちゃんが泣いたとき、ミルクを吐いてしまった時などにも気づきやすいです!

また寝返り仕立ての赤ちゃんは自分で元に戻れなかったりするので、早く気づいてあげられることは赤ちゃんにとっても安心です。

赤ちゃんと添い寝のデメリット

SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクが高くなる

アメリカやスウェーデンの研究では、生後3ヶ月未満の赤ちゃんとの添い寝は、SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクが高まると言われ、リスクは5倍だと指摘されています。

出典:http://moomii.jp

大人との添い寝でSIDSを引き起こす要因
•添い寝することでパパやママの体温が伝わり、赤ちゃんの体温が上がりすぎる
•パパやママが吐き出した二酸化炭素を近くで接することで、多く吸ってしまう

出典:http://moomii.jp

赤ちゃんの窒息の危険!!

添い寝をすることで以下のような窒息のリスクがあります。

添い寝をすることで、ママの布団がかかってしまい窒息してしまうリスク。
生まれたての赤ちゃんは自分では、顔にかかった布団などを取り除くことはできません。

パパやママが寝返りをして、赤ちゃんに覆いかぶさってしますリスク。

大人用の柔らかい布団やベットで赤ちゃんの鼻や口を塞いでしまうリスク。
大人用の布団やベットで添い寝をする場合、大人用の布団やベットは赤ちゃんにとって柔らかいです。

添い乳をしながら寝てしまって、窒息するリスク。
毎日の育児と夜間授乳でお疲れのママも赤ちゃんと一緒についついウトウトしてしまうことも。

ベットの場合別途からの落下の危険!

寝返りできないからと安心していても、急にできるようになったり、ふとしたことで落ちてしまうことも。
またパパやママが寝返りして落としてしまうリスクもあります。

赤ちゃんとおすすめの寝方

布団の場合

新生児〜数ヶ月のうちに一緒の布団にねると上記のようなリスクがあるので、別々の布団で添い寝をしてあげると安心です。
ベビー布団を準備してママのふとんと並べて敷いて、お互いが端っこに寝ればお互いの寝息を感じながら眠ることができます。

寝返り変えりが上達したり、顔の上の布団をのけられたり、安心して一緒に眠れるようになったら、ママと一緒に寝てもいいかもしれませんね。
冬場は寒いので、一緒に寝てあげると暖かくていっぱい寝てくれることもあります。
お子様をよく観察して安心かどうかを見極めてください。

ベットの場合

ベットの場合一番怖いのは転落です。
転落防止のため以下の2点をおすすめします。
・落ちないように柵をつけるまたは壁に密着させる。
・赤ちゃんはベビーベットに寝てもらう。

壁側にベットがおければ壁にぴったり付けておき、壁側に赤ちゃんが寝れば転落防止になります。
それが難しければ、ベットに転落防止用のガードをつけてあげれば安心です。

ママが寝ている横にベビーベットをぴったり付けて一緒に寝れば、赤ちゃんも安心して眠れます。
ベトとベットの高さを合わせて、間の柵をあけておけば、夜間の授乳も楽です。

赤ちゃんにおすすめのベビー布団、ベビーベット

ベビー布団

オーガニック 丸洗いベビー組布団 11点セット

安心の日本製。洗濯できて清潔に使えます。
カバーの柄もべてお好みに合わせて選らべます。

西川リビングベビー布団10点セット

洗えて清潔に使える羽毛ぶとんなので寒い冬も暖かい。
安心の日本製!

ベビーベット

ベビーベッド ステラ ナチュラル

ベットの下に収納もあるので、赤ちゃんのお世話グッズも整理できて便利なベビーベットです。

farska ミニジョイントベッド ネオ

コンパクトサイズなので寝室だけでなくリビングなどにもそのまま移動できるベビーベット。

便利グッズ

布団やベットの上に置いて赤ちゃんを寝かせれば、安心して添い寝ができます。

ファルスカ 添い寝のためのちいさなベッド ベッドインベッド ベーシックブラウン

ファルスカ ママもぐっすり ベビーの眠りを安心サポート ベッドインベッド エイド オーガニック

赤ちゃんと添い寝 まとめ

添い寝は赤ちゃんにもママにも嬉しいことがいっぱい。
でも潰しちゃったら怖い、寝返りしたらどうしよう・・・。
そう思いながらも赤ちゃんと一緒に添い寝したいパパママにも安心して眠れるグッズを紹介しました。
赤ちゃんにとっていいことがいっぱいの添い寝、いい方法を見つけて実践してみてください!!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ