ワンピースのキャラで一番人情深いボンクレーことベンサムとは?

大人気漫画「ワンピース」におかまキャラがいるのはご存知でしょうか?おかまと言えばワンピースの話の中でサンジが飛ばされたカマバッカ王国は記憶に新しいですが、それより前にボンクレーという名のおかまが出ていました。今回はそんなボンクレーについてご紹介します!

大人気漫画「ワンピース」

ワンピース

『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画で、1997年より『週刊少年ジャンプ』にて連載されています。

海賊となった少年モンキー・D・ルフィが仲間と共に〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟を巡る海洋冒険物語です。夢や冒険・仲間達との友情といったテーマを前面に掲げたストーリーになっています。

2011年2月頃までに、単行本は61巻まで刊行されており、日本国内における単行本売り上げは、7年・36巻時点で史上最速1億冊を達成しているそうです。

1999年に放送が始まったアニメ版もロングラン作品になっています。2007年には、連載10周年を記念して5冊の本が出版される等、様々な企画が立てられました。

こち亀に次ぐ長期連載のワンピースは2015年6月には最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズとしてギネスにも登録されました。ワンピースの人気具合がよく分かりますね!

ワンピースのあらすじ

舞台は海賊王ゴールド・ロジャーが遺した「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、幾多の海賊たちが覇権を賭けて争う大海賊時代です。

そんな時代に生まれた少年モンキー・D・ルフィは、「ゴムゴムの実」という悪魔の実を食べてゴム人間となり、その副作用で泳げない体になりながらも、海賊王を目指して仲間と共に冒険と戦いを繰り広げていきます。

ワンピースは冒険・船旅・海賊といった少年の心をくすぐる要素に加え、ゴム人間などの超人達も出てきたりで、あらすじだけで少年の心を掴めそうですね!

ボンクレーの本名や名言を大公開!

ボンクレー

Mr.2ボンクレーとは、漫画『ワンピース』に登場するキャラクターです。本名は「ベンサム」で、愛称は「ボンちゃん」です。本名が意外すぎてびっくりした方も多いのではないでしょうか。

元バロックワークスのオフィサーエージェントで、懸賞金は3200万ベリーです。「オカマ」であるため、オフィサーエージェントでは唯一パートナーがおらず、男性と女性両方のコードネームを持っています。

ボンクレーの名言と口癖

口癖

ボンクレーの口癖と言えば「ジョーダンじゃなーいわよーう!」ですよね!ちなみに自分の事を指す際には、「あちし」と言い、友達のことは「ダチ」と呼びます。

名言

画像の中に名言が書かれています。ボンクレーのいつものおかまキャラとは違いとっても男らしい名言を残しています。

名場面もご紹介

動画は30秒辺りからご覧下さい!この動画を見て分かるように、ボンクレーの情の厚さを感じますね!

これを読むとわかる通り、ボンクレーは義理・人情に厚いおかまの中のおかまのようです。敵にも関わらず、ワンピース主人公のルフィたちと仲良くなっていたボンクレーは印象的ですよね!

突如ナミに変身!ボンクレーはマネマネの実の能力者!

ボンクレーの能力と戦法

ボンクレーは、超人系悪魔の実「マネマネの実」の能力者で、右手で顔に触れたことのある人物そっくりに変身することができます。

悪魔の実自体に戦闘能力は無いのですが、バレエの様な足技が主体のオカマ拳法の使い手で、その地位に恥じない実力を持っています。

ちなみにアニメではオカマ拳法がバレエ拳法に変更され、オカマではなくバレリーナという設定に変更されていたが、その後再登場した時には何事もなかったかのようにオカマ拳法に戻っていたそうです。

ボンクレーとの出会い

ルフィ達はアラバスタに到着する前に偶然海の上でボンクレーと出会います。敵同士と知らずに意気投合するのですが、後にボンクレーはサンジと戦うことになります。

このときに麦わらの一味全員は、ボンクレーに顔を触られ完全にコピーされてしまいます。メモリーの中にはワンピースファンお馴染みのパンダマンもコピーされており、アニメでは一瞬だけパンダマンになったことがあります。

ボンクレーはマネマネの実の能力者で、ワンピース作中でもゴーイングメリー号の中でワンピース主人公のルフィたちに能力を見せていたのもかなり印象的でした。

ボンクレーとの戦い

ルフィ達とボンクレーが戦うのは、アラバスタ編でした。ボンクレーは、国王ネフェルタリ・コブラのメモリーを使い、コーザ達反乱軍の前でダンスパウダーによる降雨独占を認める発言をして、反乱を煽り立てました。

ここで敵味方となり戦うのですが、サンジと戦う際にボンクレーはナミに化けてサンジを惑わせていました。ナミのボンクレー衣装姿は異様ですね!

しかし、ものまねの能力を使用している際は、自分の慣れた身体ではないため、本来の戦闘力を発揮できないようです。そのため、あっさりこの後サンジに負けてしまいます。

戦いに負けたにも関わらず、一連の出来事でルフィたちと友情が芽生え、アラバスタ編の最後には海軍から麦わらの一味を逃がすために囮役を引き受け、海軍と交戦します。ルフィ達は無事逃げることができましたが、ボンクレーはその後色々あってインペルダウン送りになります。

ワンピースの作中にてボンクレーがナミに化けていたシーンは衝撃的でしたね!ボンクレーのマネマネの実の能力は他人に化けられる分、隠密行動やなりすましなどには適しているようですが、戦闘には向いてないかもしれませんね。

しかし、そんなことはモノともせずに、ワンピース主人公ルフィたちのために敵に向かっていくボンクレーは本当にかっこよかったです!

ワンピースの中でも情に厚い2人!ボンクレーとルフィの友情

ワンピース作中にて、ワンピースの主人公ルフィは色んな人と仲良くなっている姿を見かけますが、ボンクレーもその一人です。

2人はかなり強い絆で結ばれていて、ボンクレーはワンピース作中で2度もルフィのために命をかけて戦ってくれています。ボンクレーがインペルダウンにいた理由もルフィのために闘った結果でした。

感動の再会

インペルダウンではエース救出のために侵入したルフィと感動の再会を果たした後、彼の助太刀に加え自身が尊敬するイワンコフの救出のためルフィと行動を共にします。

脱獄の際は一人インペルダウンに残り、マゼランに変装して「正義の門」を開けさせました。最後にはマゼランに見つかりピンチな状態でしたが、現在も生存しています。

ボンクレーはルフィだけでなくその他の海賊のためにも命をかけて戦ったのですね!とっても男気のある人物なので、インペルダウン編でボンクレーのファンになった方もいると思います。

インペルダウンのその後ボンクレーは何をしている?

インペルダウンで生き延びたボンクレーは現在ニューカマーランドの新女王として活躍しているようです。

現在も元気そうでほっとしたかたも多いのではないでしょうか?今後再びルフィと再開する日が楽しみですね!

ボンクレーは私たちに友情の大切さを教えてくれました!

ワンピースきってのオカマキャラ、ボンクレーについてご紹介しました。ボンクレーとワンピース主人公ルフィの友情、そしてボンクレーの勇ましさに感動ですね!これからもボンクレーにはインペルダウンの中で新女王として頑張ってほしいです!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ