記事ID26557のサムネイル画像

髪の傷みは切らなきゃダメ?髪の傷みを補修する方法を紹介!

髪の痛みで悩んでいる方多いと思います!やはり髪の傷みは切らなきゃダメなんでしょうか?また髪を伸ばすと傷みは避けられませんよね!しかし髪の傷みを補修出来る方法があるんです!そんな髪の傷みがみがえる夢のような方法を紹介します!

髪の傷みは切ると改善?髪の傷みとはどんな状態なの?

髪の傷みとはよく言いますが、具体的に髪が傷むとはどういう状態をいうのでしょうか?知っているようで実は知らない髪の傷みについて知りましょう!

髪の傷みとは?

まず髪の毛が傷むとは、簡単に説明すると髪の毛が傷ついた状態の事を言います。

髪の構造

髪の毛は、3つの層から出来ています。一番外側にあるのは、髪内部にある水分の蒸発を防いだり、紫外線などから髪を守ってくれるキューティクルで、魚のうろこのような形をしています。

真ん中の層は、メラニン色素を含む細いタンパク質の集合体で、コルティックスといいます。コルティックスは髪の毛の90%以上を占め、髪の毛の性質を決めるそうです。一番内側にある層は、メディアといい、髪によっては無いものもあります。

一番外側にあるキューティクルがめくれたり、剥がれ落ちたりすると、髪内部の水分が蒸発し、タンパク質が流出してしまいます。そして、髪のタンパク質がほとんどなくなり、スカスカになった状態の事を髪が痛んでいると言います。

髪の傷みについてよく聞くのはキューティクルです。このキューティクルが剥がれるのが髪の傷みと言われているものなのです。

傷みが進行すると

さらに傷みが進行すると、枝毛が出てきたり、ゴムのように伸び縮みして、髪の毛が簡単に切れるような状態になります。最悪の場合には、びまん性脱毛症にまで発展する場合があるので、十分注意してください!

髪の傷みを知るには髪の構造を知るのが重要です。しっかりと髪を補修しなくてはならないので、髪を切っただけでは傷みを改善することはできないのですね。

どうして髪は傷むの?傷みの原因とは?

さて、髪の傷みの原因にはどんなものがあるのでしょうか?たくさんありますが、具体的な傷む原因を挙げてみます。

様々な原因はありますが、主な原因としてはシャンプーのやり方が悪い・ドライヤーの時間が長い・カラーリングやパーマ・紫外線・コテやヘアアイロンなどがあります。

その中でも一番髪を痛める代表的なものがカラーリングとパーマです。また、キューティクルは、熱に弱い性質を持つので、長時間のドライヤーは辞めた方が良さそうです。

ドライヤーやカラーリング、パーマなどは髪の傷む原因として誰もが知っていることですが、紫外線も髪の傷みになる原因なのです。肌にも紫外線が悪いように髪の傷みも進行します。最近では紫外線から髪を守るスプレーなども販売しているので、紫外線が強い日などはおすすめです。

間違ったブラッシングも髪の傷みの原因に

日々ブラッシングは欠かせないですが、なんと間違ったブラッシングが髪の傷みの原因になってしまうそうです。どんなブラッシングが髪にいけないのでしょう?

綺麗になる為にしているブラッシングで、髪を痛めていたら悲しくなります。では、してはいけないブラッシング方法とは、いったいどのような事なのでしょうか?

使わない方が良いブラシは、ナイロン製のブラシです。静電気が起きやすい性質があるからです。静電気が起きると、髪のキューティクルを痛め、乾燥しやすい髪になってしまうそうです。

ブラッシングでは、無理やり梳かしたり、特に乾燥したままの状態でブラッシングはしない方が良さそうです。なぜかというと、よく絡み合ってしまう髪は乾燥して傷んでいるからです。

また、引っ張る様なブラッシングをしてしまうと、枝毛や切れ毛の原因になります。乾燥したままでは、静電気が起きやすくなり、髪表面が傷つきます。

髪の傷みを補修する方法はある?

多くの人が毎日行っているシャンプーの方法とトリートメントの使い方によって、傷んでしまった髪の毛は綺麗な髪の毛へと改善できます。

カラーリングやパーマの時に少しでも傷みが緩和されるよう、薬剤にタンパク質を混ぜたり、薬剤を塗布する前にタンパク質の一種であるケラチンを内部に浸透させるなどの対策をとっている美容院も多くあるそうです。

一番重要なのは、毎日のシャンプーでもタンパク質(アミノ酸)をケアし、補っていくことだそうです。アミノ酸系シャンプーの中でも、加水分解ケラチンや加水分解コラーゲンという成分が配合されているシャンプーは髪の毛を修復する効果が優れているそうです。

また、最近人気の洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)のほか、髪の内部に成分を送り込むヘアパックなどで週に1度のスペシャルケアを行うと、髪の毛が劇的に美しくなるようです。

美しい髪の毛を手に入れるためには、美容院でカラーをしたり自宅でトリートメントをしっかり行うことが大切なようですね!

髪の傷みにおすすめのトリートメントを紹介

髪の傷みにおすすめの補修するトリートメントを紹介します。どの商品も傷んだ髪に効果を発揮し、手触りが見違えるようになりますよ!

ラックス スーパーダメージリペア 集中補修トリートメント

価格 ¥630(税込)

ひどく傷んでざらついた髪を集中ケアし、毛先までなめらかにしてくれます。トリートメントをつけた後、時間をおかずに洗い流しても効果的です。

フィーノプレミアムタッチ浸透美容液ヘアマスク

価格 ¥800(税込)

6種類の美容液成分を凝縮した、ダメージケア用トリートメントです。痛みきった毛先まで、しっとりとなめらかでスルスルの指触りに仕上げます。

ずっと使っていて色んな人にもオススメした方が多いようです。使った人はみんないい商品と言ってくれているようです。

パンテーンクリニケア 洗い流すトリートメント 毛先までパサついて傷んだ髪用 ワンウォッシュトリートメント

価格 ¥892(税込)

ダメージ(枝毛・切れ毛)用トリートメントです。毛先に蓄積されたダメージも集中補修し、髪の内側まで潤って輝く髪へ導いてくれます。

髪の傷みに効果的で評価が高いトリートメント3つを紹介しました。特にパンテーンクリニケアは、濃厚で1回分のトリートメントが10回分入っていて、美容院のトリートメントのような手触りになると言われています。美容院のトリートメントが自宅で出来るとは夢のような商品ですね!

【まとめ】髪の傷みにはたんぱく質とトリートメントが大事!

髪の傷みについて調べてみました。日々髪に対して行っている間違った方法でどんどん髪の傷みは進行していくのです。傷みのない健康でキレイな髪を維持したいですよね!

その為には傷みの原因を作らない事はもちろんのこと、傷んでもトリートメントや髪の洗い方を変えてみるなど傷んだ髪を補修する方法を実践してみて下さい!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ