一生独り身?結婚できないアラサーにならないための5つの約束!

「結婚なんていつかできるでしょ」なんて甘い!最近はアラサーでも結婚なんてまだまだ先!といった感じの人が増えています。年齢を重ねて周りも結婚し始めて焦っているあたな!結婚できないアラサーにならないための5つの約束をご紹介します!

アラサーになると「結婚」に対する圧力が増す

世間でも馴染み深くなった「アラサー」という言葉。

20代後半~30代前半ぐらいの女性を指す言葉ですが、アラサーになると「結婚はまだなの?」とか、「いい人いないの?」と、周りからの圧力が増してきます。

確かに、結婚適齢期と言われればそうなのかもしれませんが、仕事でも責任のある地位になっていたり、大きなプロジェクトを任されるようになったりと、プライベートまで充実させるのはなかなか難しい部分があります。

とはいえ、実際に「子供がほしい」と思っていれば「結婚」の二文字は意識せざるを得ませんよね。
アラサーを超えれば、周りからそんなことも言われなくなり・・・
このまま一人寂しく老いていく未来が見え隠れ・・・

そんなの嫌!絶対独り身で一生を終えるなんてことにしたくない!

そういうあなたにぜひ読んでほしいと思います!

アラサー女子の結婚できない原因

そもそも、アラサーになるまで結婚できない、彼氏ができないという人は何が原因なのか。

私の周りにもアラサーで彼氏もいない人がちらほらいますが、そういう人に共通している点があると思います。

それがこちら!

過去の自分から抜け出せない

アラサーになっても彼氏ができない、結婚は気配すらないという人は、二つのタイプがあると思います。

・いわゆるモテるタイプで、自分からアプローチする必要がなかった人
・異性と遊んだりすることに抵抗を感じる人、異性慣れしていない人、奥手な人

この2タイプに分けられるのではないでしょうか?

モテた人は、
「自分はモテる、自分からアプローチするなんて面倒。きっといい人がやってくるはず。」
と、受け身でいることが多いです。

逆に、異性慣れしていない人は、
「どう話せばいいかわからない。」
「変に思われたりしないだろうか。」
と、予測できない不安から、前に進めずにいる人が多いでしょう。

そして、二つに共通して、異性へのアプローチの仕方がわからないことが多いです。

人と比べて「あの人よりはマシ」と思ってしまう

ありがちなのは、
「私は〇〇よりマシでしょ?」
と思ってしまうことです。

比べることが全ていけないわけではありません。

しかし、彼氏がいない事や結婚できない事を比べても、そこからは何も生まれません。

自分の状況が変わるとまた別の人と比較する・・・といった悲しいループに陥ってしまいます。

何かと理由を付けて現実から逃げる

「今は恋愛している場合じゃないの。」
「仕事に集中したいから。」

と言って、現実逃避していませんか?

確かに、恋愛をするには時間も体力も必要になります。
仕事に集中したいときに、恋愛にうつつを抜かしている場合ではない!と思うのもわかります。

しかし、時間は待ってはくれません。

いざ、彼氏がほしいと思った時には、すでに適齢期を超え、周りの人も結婚している人ばかりになっているなんてことになりかねないんです。

今は欲しくなくても今後はどうなのか?

いずれは・・・と思っているのなら、アラサーの今はまさに踏ん張りどころなのです。

そもそも結婚願望がない

一番ありがちで、かつ、アラサーを過ぎてから焦りだすのは、
「今のところ結婚願望がない」
という人です。

アラサーは、結婚適齢期であると同時に仕事でバリバリ働ける年でもあります。

仕事の流れもわかり、後輩や部下もできたりして、仕事が面白いと感じている時でもあるでしょう。

「今は結婚願望がない。」

彼氏を作ることは「結婚」ではありません。

付き合いつつ仕事もこなせていくような、大人の付き合い方を勉強するためにも、結婚願望がないからと言って彼氏を作ったりすることまで辞めてしまうのは危険です。

もう一つ、結婚願望がないアラサーは、
「結婚している人を見ていると、結婚に希望が持てない。」
という事があります。

自分の周りの既婚者が、幸せそうに見えない、結婚してもすぐ離婚しそうだからと結婚を敬遠してしまいがちなんです。

アラサーで結婚願望がない人は、意外とこのタイプが多いでしょう。

女性の「消費期限」は短い・・・だからこそ・・・

「結婚はまだいいかなぁ。」が口癖になっていませんか?

アラサーで「結婚」を全く意識せずに、
「結婚はまだいい。」
というのは、一生独身で構わないといっているのと同じだと思います。

100%結婚できない!というわけではないですが、30代後半に差し掛かった人と20代後半の人がいれば、どうしても若い人に目がいきます。

男性に比べて女性の方が消費期限が短いとよく言われますが、全くその通りです。

女性には「出産」という、自分の命を懸けるようなイベントがあるわけですからね。

結婚相手の経済事情や、出産のことを考えるとどうしてもリスクが低い方を取りたいと思うのが、人としての心理でしょう。

アラサーはまさにその過渡期といえます。

「まだ」結婚願望がないからといって、今、可能性の芽を摘むようなことは避けるのがいいでしょう。

結婚できないアラサーにならないための5つの約束

結婚できないアラサーにならないために、5つの約束を覚えておいてください。

少なくとも、この5つの約束は、自分を客観的に見て、結婚に向けてどう動いていくべきかがわかる一つの指針になると思います。

好みを抜きにして付き合ってみる

好意を持ってもらえることは、とても素敵なことです。

相手側から好意を寄せられた時に、
「顔が好みじゃない。」
「収入が少ない。」
などを抜きにして、とりあえず付き合ってみることも大切です。

もしかしたら、好みや収入以上に大切なものに気付けるかもしれません。

ステータス重視を捨てる

社会に出て自分でお金を稼ぐことができる女性にとって、相手のステータスは大切になってくるでしょう。

特に高望みはしていないという人でも、
「少なくとも年収は私より多い人がいい。」
と思っている人は少なくないと思います。

しかし、そればかりに気を取られていると、本当の幸せを掴み損ねかねません。

アラサーにとって、とても大事な部分であることはわかるのですが、一旦そういう部分も置いておいて、相手の本質を見つめてみることも大切です。

自分の「価値」を客観的に見る

自分を中心にした評価ではなく、客観的な自分の「価値」を見極めましょう。

自分を中心にした評価ではなく、客観的な自分の「価値」を見極めましょう。

年齢や収入、容姿など、自分はアラサーの中でどの辺に位置しているのかを客観的に評価する必要があります。

自分に「付加価値」を!

アラサーの大人の恋愛には、自分に付加価値を付ける必要があります。

マナーや教養、若い頃にはなかった色気やエレガントさ、さらにはしっかりとした経済感覚なども必要でしょう。

大人になることが、全てハンデになるわけではありません。

歳を重ねた分だけ、若い頃にはないものを手に入れる事だってできるんです。

それをどんどん自分の武器として身に着けていく事も必要です。

何より諦めないこと!

なにより、
「結婚なんてできない。」
「彼氏なんていらない。」
と諦めてしまわないことが大切です。

婚活をするにしろ、しないにしろ、気持ちが折れてしまっては、その後続けていくことが難しくなってきます。

どんな時も
「彼氏を作る!」
「結婚したい!」
という気持ちは持ち続けて下さいね。

結婚を「夢」にしてしまわないために・・・

アラサーにとって結婚は、ゴールのようでもあり、自分のキャリアを縛る鎖のようでもあります。

しかし、結婚することで自分も成長でき、また、子供に恵まれれば自分の新しい可能性を見つけるきっかけにもなると思います。

結婚した・しないことで、勝ち組・負け組に分けられるものではありませんが、自分の人生設計を考え、今後どうしたいのかを今一度、見直す一つの機会になるのが、アラサーではないかと思います。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ