【別れ】恋人との別れを考えるきっかけと、上手に別れる方法について

恋人と付き合っていく中で、ふと別れを意識することってありませんか?別れを意識するきっかけとは何なのでしょうか。そこで恋人との別れを意識するきっかけを考えていくと共に、トラブルにならない上手な別れ方について考えていきたいと思います。

◆恋人と別れるべきかな…

恋人のことを完全に嫌いになってしまったわけではないけれど「別れるべきだろうか…」といった考えは、ふとした瞬間に脳裏を過るものです。別れを意識するきっかけは人それぞれで、様々なパターンが存在します。そんな別れを意識するきっかけや、上手く綺麗に別れを切り出す方法を考えてみましょう。

◆恋人との別れを意識する、10個の「きっかけ」とは?

きっかけ1:将来が見えない

恋人として付き合って付き合っているぶんには楽しいけれど、将来的に考えるとどうなのだろうか。今が別れのタイミングなのかも…と考える女性は少なくありません。

将来的なことを考えると、仕事や結婚やお金のことなど相手を好きなだけでは乗り越えられない問題は沢山あります。そんな中で将来性を見出せない恋人のことを考えると「今のタイミングが別れ時なのかな…」と悩むところです。

きっかけ2:喧嘩が多い

喧嘩が絶えず口論ばっかりしてしまうカップルは、あまり良い状態とは言えません。そんな日々に疲れきってしまったのがきっかけで別れを決断する人も多いでしょう。

きっかけ3:長すぎた春…

長年一緒に過ごしていると、お互いが空気のような存在になってしまうことってありませんか?相手のことは好きだけど、これ以上の進展は無さそう…とうのがきっかけで別れを意識し始める人も多いようです。

きっかけ4:ドキドキ感が無くなった

恋人のことを好きな気持ちは変わらず持ち続けているものの、以前のようなドキドキ感やトキメキが無くなってしまった。それがきっかけで、別れが頭を過る人もいるようです。

きっかけ5:周囲からの反対

本人たちの関係性は至って良好でも、友人や家族からの反対に遭ってしまい別れるべきなのか悩んでしまう人も少なからずいます。

きっかけ6:浮気をされた

カップルの別れの原因で最も多いのは、浮気かもしれません。浮気をされてしまっては、大抵のカップルは別れる決断をせざるを得ませんよね…。

きっかけ7:束縛がきつい

男女問わず、激しい束縛をしてしまう人はいるものです。そんな恋人の束縛の激しさがきっかけとなり、別れたいと考える人もいることでしょう。

きっかけ8:彼女として大事にされていない

彼女なのに約束をすっぽかされたり、何かと存在を後回しにされてしまったり。彼女として大事にされていない気がして、別れを考え始める人もいるようです。

きっかけ9:なんだか冷めてきた

以前は自分から追い掛けるほど大好きだったはずなのに、倦怠期なのでしょうか?なんとなく気持ちが冷めてきてしまい「これは別れるべきなのか?」と悩み始める人も少なくないようです。

きっかけ10:疲れしか感じなくなってしまった

恋人に「会おう!」と誘われても、どうも気分が乗らない。なんだか、交際に疲れしか感じなくなってしまった…。これは、ごく稀にある別れのパターンです。

◆価値観の違いは、大きなきっかけに…

お互いが別々の人間なのですから、考え方や価値観の違いが生じることは仕方のないことです。しかし、あまりに大きく埋められない程の価値観の違いを抱えている場合には…タイミング的にも、遅かれ早かれ別れの時はやってくることでしょう。

◆遠距離恋愛が、別れのきっかけになることも…

遠距離恋愛というのは、物理理的な距離が2人の邪魔をします。上手くいくカップルも多くいますが、いくつかの困難に立ち向かえず別れを選んでしまうカップルがいるのも事実です。

◆実は、別れを意識した時点で終わる運命にあるらしい!?

恋人と別れることを一度でも意識してしまうと、そのまま関係を続けていても何かしらのシコリを抱えながら付き合うことになります。

実際のところ、別れを意識し始めたカップルが終焉に向かう確率はとても多いそう。そこからの修復は難しいようです。

つまり、別れを意識した瞬間からその恋愛は終わりに近づいていく運命にあるのです。もしかすると、別れるかどうかを悩んでいる時間すらも無駄なのかもしれませんね…。

◆徐々に、別れを感じさせるために…

方法1:連絡の回数を減らす

別れを徐々に予感させるためには、まず少しずつメールやLINEで取り合う連絡の回数を減らしていきましょう。回数が減ってきたことに対して、恋人も何かしらの異変に気が付くはずです。

方法2:会う回数を減らす

連絡を減らしていく方法と同じく、会う回数も少しずつ減らしていきましょう。突然ばっさりと連絡や会うことを絶ってしまうと、別れるどころか相手が逆上したりストーカー化する可能性も考えられます。なので、徐々に減らしていくことが重要です。

方法3:あえて嫌われるようなことをする

あえて恋人に嫌われるような行動を取ることも、別れるための方法の一つです。わざと恋人を傷つけるのは心が痛むでしょうが、別れを決意したからには仕方がないことです。

◆ずばり!綺麗に上手く「別れる方法」を教えて!

悪者になることを恐れない

相手を傷つけるのは心が痛むからといって、曖昧な言葉や方法を使って別れる。これは、決して優しさではありません。

曖昧な方法での別れでは、きちんと前に進めない可能性もあります。別れる決意をしたのなら、自分が悪者になることを恐れていてはダメです。

はっきりと気持ちを伝える

お互いが納得して別れることが出来るように、はっきりと自分の気持ちを伝えましょう。覚悟を決めてから、腹を割って素直に気持ちを伝えてください。

感情的にならない

相手に気持ちを伝える時というのは、つい感情的になってしまいがちです。しかし感情的に熱くなって取り乱してしまうと、別れるどころか話が余計にこじれる可能性もあります。どうか、冷静に話が出来るように心掛けましょう。

情に流されないこと

いくら別れを決意したとはいえ、今まで恋人として過ごしてきたため情に流されることもあるでしょう。けれど、いつまでも情に流されて別れを先延ばしにしてしまっては前に進めません。別れる理由がどうであれ、情に流されることのないよう心を鬼にして臨みましょう。

家ではなく、外で話をする

どちらかの家や密室になる場所で別れ話をするのは、ムードに流されてしまったり揉めやすい傾向にあります。公園であったり人目のあるカフェを選ぶなど、2人きりになってしまう場所での別れ話はなるべく避けるべきです。

別れ話は、直接会ってすること

今の時代、電話やメールやLINEなど別れを告げる方法は沢山あります。それでも、別れ話をする際には直接会って話すべきです。面と向かって気持ちを伝えることは相手に対する最低限の礼儀と誠意であり、お互いがスッキリした気持ちで次に進むためにも大切なステップとなるでしょう。

◆まとめ:素直な気持ちで冷静に。

恋人との別れのきっかけは様々でしょう。別れを考え始めた場合、冷静になって自分の素直な気持ちと向き合う必要があります。そして別れ話をする際には適切な方法を選び、お互いが気持ちよく次へと進める配慮をしましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ