小学生のおねしょで心配になる夜尿症についてまとめました!

子供が小学生になってからもおねしょをしてしまう。と悩んでいる方の声が意外と多いのですが小学生のおねしょの全てが夜尿症という訳ではありません。それではおねしょと夜尿症の違いは何なのでしょうか?小学生のおねしょや夜尿症についてまとめてみました。

どうしておねしょしてしまうのか?


おねしょは、尿をためる膀胱の大きさと、夜間睡眠中に作られる尿量とのバランスが悪く、
無意識のうちに尿が膀胱からあふれて下着や寝具等を濡らせてしまう状態をいうのです。

出典:http://www.onesyo.net

おねしょは、睡眠中に作られるおしっこの量と、おしっこをためておく膀胱の大きさのバランスがとれていないために、夜間に尿があふれてしまう現象です。

出典:http://www.kao.co.jp

おねしょは何歳までしても心配ないの?

「おねしょ」も「夜尿症」も、夜間に尿があふれ出てしまうという状態は同じですが、5~6歳頃には95%の子どもがおねしょを卒業します。

出典:http://www.kao.co.jp

昼間のおしっこやうんちについてはトレーニングで自立させられますが、おねしょは、ママのトレーニングや本人のやる気で改善できるものではありません。

出典:http://www.unicharm.co.jp

おねしょがなくなるために必要なのは、十分な「抗利尿ホルモン」の分泌と、寝ている間につくられたおしっこを溜めておけるだけの膀胱の容量です。

出典:http://www.unicharm.co.jp

つまりは膀胱というタンクの容量が大きくならないとおねしょは治らないのです。

おねしょ治す為にしてはいけないこと

夜間の間の出来事ですし子供もおねしょをしようと思ってしている訳ではありません。

おねしょで怒ることは厳禁です!
怒った所で膀胱が大きくなるわけでも抗利尿ホルモンが分泌される訳でもありません。

おねしょをさせてはいけないと何度もトイレに連れて行くのはNGです。

寝ているところを強制的に目覚めさせると、熟睡している間に分泌される抗利尿ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。
膀胱もおしっこをいっぱいに貯めることで大きくなるので、貯まる前にトイレに連れていってしまうことは、膀胱の成長を遅らせてしまうことにもなります。

出典:http://www.unicharm.co.jp

おねしょと夜尿症の違い

間、寝ている間に目が覚めずに、お漏らししてしまうことを「おねしょ」といいます。
赤ちゃんの頃から5歳までのおねしょは、成長過程のもので病気ではありません。
5歳を過ぎても月に数回以上「夜尿」が続くことを、診療の対象となる「夜尿症」といって区別しています。

出典:http://onesho.com

小学生になってもおねしょを頻繁にしてしまうのは「夜尿症」であるからかもしれません。

5~6歳以下のおねしょは夜尿症ではありません。
小学生になっておねしょをしていても、回数が少ないと夜尿症にはなりません。
小学生になっても、おねしょが治らないが、
夜尿症になるのかどうかが分からないと心配されているならば1度受診してみましょう。

【小学生のおねしょ】夜尿症について

学童期になると、6~7歳で150㏄、7~8歳で200㏄、8歳を超えると250㏄はためられるようになるのが普通です(機能的膀胱容量)。

出典:http://www.onesyo.net

ところが、夜尿症のお子さんは、この機能的膀胱容量が年齢と比較して小さく、睡眠中に膀胱に尿が十分にためられず、もらしてしまうのです。このようなお子さんは、日中は頻尿(おしっこが近い)の傾向があります。

出典:http://www.onesyo.net

小学生になると膀胱の容量が大きくなるようです。
しかし個人差が大きいので小学生になっても膀胱の容量が小さい子もいます。

おしっこをためる膀胱の大きさと、夜眠っている間につくられるおしっこの量のバランスが悪いこと、尿意をもよおしても目が覚めないこと、それらが夜尿症の主な原因です。また遺伝的な要因も関係していることが知られています。

出典:http://onesho.com

5~6歳で夜尿が続いているお子さんの約半数は、そのうち治ることを期待しながら小学校高学年(10歳前後)になっても夜尿が続いたままの可能性が高いことになります。

出典:http://onesho.com

おねしょはそのうち治ると言いますが、小学生の間中治らず悩んでいる方も多くいるようです。

大部分のお子さんに夜尿もみられますが、一部には昼間の尿失禁だけのお子さんもいます。
5歳以上になっても毎日昼間尿失禁がある場合には泌尿器系の病気が存在する可能性が高いので、かかりつけ医に一度ご相談下さい。

出典:http://onesho.com

小学生で夜だけではなくお昼も尿が漏れると言う現象があるならば早めに受診しましょう。

小学生のおねしょは家族の理解が大事

夜尿に精神論や根性論は全く関係がありません。
ですから、本人の気合が足りないから、ご家族の育て方が悪いから、トイレットトレーニングが下手だから、性格が弱いからなどは、夜尿とは関係がないのです。決して怒ったり責めたりしないでください。

出典:http://onesho.com

家族間でおねしょについて悩みを聞いてあげられる環境を作ってあげてください。
小学生になっておねしょをしてしまうと言うデリケートな悩みをご家族が支えてあげましょう。

小学生になっておねしょをすると言う事で一番悩んでいるのはご本人でしょう。

小学生にもなっておねしょなんてとは思わなくて良いのです。
温かい気持ちで見守ってあげましょう。

小学生のおねしょ 悩んでいる人は多い

小学生になってのおねしょで悩んでいる人は意外に多いのです。
その声を集めてみました。

小学生になったのに、毎日おねしょをします。そろそろ病院に連れて行ったほうがいいでしょうか。水分を控えたり、夜中に起こしたりしてもだめです

出典:http://www.kao.co.jp

小学生の娘がおねしょをするようになりました。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

子供のおねしょに困っています。
もう小学生4年生ですが、たまに失敗してしまうようで・・。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

小学1年生になったばかりの息子のことで相談です。
おねしょがまだ終わりません。ほぼ毎日と思って頂いていいと思います。

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

小学生になってもおねしょをしてしまうと言う声が多く聞こえてきました。
5~6歳を過ぎ小学生になったからといってすぐに心配するような状態にある訳ではありません。

小学生になっておねしょをしていても、その頻度や状態によっては受診しなくても自然に治る場合もあります。
心配が大きいようでしたら専門医に見ていただき診断を仰ぎましょう。

【小学生のおねしょ】夜尿症の治療方法は

寝る2時間前からは水分をとらないようにする
寝る前に必ず排尿させる
昼間に膀胱の大きさを増やせるよう、午前中や午後の早い時間帯に水分を取るようにする
厚めの下着にして、おむつをやめるようにする
夜尿がなかった日は必ずほめる
夜尿をしても叱ったり、文句を言わない
あまり排尿のことを注意しないようにする
夜尿は自然に治るものとして接する
夜尿アラーム(夜尿の水分を感知して警報の鳴る装置)を使う(有効率は62~78%)

出典:http://allabout.co.jp

他にも薬物治療などがあります。

小学生の高学年になると宿泊学習や修学旅行といったイベントがあります。
その時に悩まないように早めに治療できるといいですね。

小学生だから。。と焦らずにゆっくりと治療しておねしょを治していきましょう。

小学生のおねしょ・夜尿症について まとめ

夜尿症についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。
小学生になってもおねしょが改善されないお子さんは意外に多かったのではないでしょうか。

小学生と言うくくりで焦ってしまっては駄目です。
お子様の気持ちを汲み取り、家族みんなが理解しておねしょ対策に取り組みましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ