心の病気?子供がなるチック症とはどんな病気?チック症は親が原因?

瞬きが多い、首を振る……もしかしてこれって子どもの病気?子供がなるチック症についてまとめてみました。チック症は心の病気なの?チック症の症状とは?チック症になる原因とは?チック症の子供に対して親はどうすればいいの?参考にどうぞ。

子供がかかるチック症とは………?

子供のチック症 首

子供が頻繁に首を揺らしたり、瞬きしたり……
咳払いをしたりうなったり………
そんなことはありませんか?

それはクセともちょっと違うかも。
その子供の症状はチック症かもしれません。
チック症とはどんな病気なのか紹介しますね。

チック症とはどんな病気?

クセではないけど、病気と言われると身構えてしまいますよね。でも安心してください。チック症は多くの子供がかかるありふれた病気なんです。チック症になっても自然と治ることがほとんど。

やろうとしているわけではないのに、突然、身体の一部がピクッと動いて、何度も繰り返す。これがチック症です。 

出典:http://blog.livedoor.jp

チック症の症状は瞬き、首振り、肩をすくめたり、唇をすぼめたり、喉を鳴らしたり………それだけだと病気だとは思えませんよね。子供の癖のようにも見える病気です。
親の中にはわざとやっていると思って、叱ったり怒ったりする人もいますがそれは症状を悪化させるだけなのでやめましょう。

チックは小児期ではまれな疾患ではありません。 しかも多くのチックは成人するに伴い自然に治癒する傾向があります。 チックとは突発的、急速、 反復性、非律動的、常同的な運動あるいは発声で、発症が18歳未満で4週間以上持続するものをいいます。

出典:http://www.dr-maedaclinic.jp

子供、特に男の子に多く見られ、5~10人に1人がチック症を経験するそうです。それくらいよくある症状なんですよ。

チックの出現が多くみられるのは幼児期から学童期にかけて。女子より男子のほうが多く、大半は一過性の軽いもので、成長とともに自然に消えます。しかし、1年以上続き、または多発して社会生活に支障をきたすような場合は、重症のチック症である「トゥレット症候群」と診断され、治療が必要になります。

出典:http://sp.kateinoigaku.ne.jp

チック症は多くの子供がかかる病気です。5歳~10歳くらいの子供が多くチック症になり、男子のほうがその数が多い傾向があるそうです。
ほとんど一過性で一年以内に自然と症状が消えることが多いです。

やさしく学ぶ-子供の病気 チック

子供に起こりやすい病気をやさしく学ぶシリーズ。
今回は「チック」についてです。

子供がなるチック症の症状とは?

子供がかかるチック症にはこんな症状があります。だいたいにして子供と接することが多い母親の方が子供の症状に気付くことが多いようです。

チック症は動きが主の「運動チック」
発声が主の「音声チック」の二つに大別できます。

運動チック

首を振ったり(首を振る病気にはどんなものがあるの?)、口をすぼめる、瞬きを多くする(瞬きが多いのはチック症が原因?)といったものを運動チックと言います。

またその他に、手を振ったり腕を回す、足踏みをしたり体を揺らすといったこともあります。

運動チックは基本的に首から上に症状が現れやすいのですが、飛び跳ねたり足を激しく動かすといった全身的な動きになることもあります(複雑性運動チック)。

出典:http://kaizen22.com

音声チック

咳払いをしたり鼻を鳴らす、叫ぶ、唸り声を出すといった症状があるものを、音声チックと言います。

また、音を出すといった行動だけではなく、ばか・あほ・死ねと言うような汚い言葉を繰り返す、他の人が言った言葉を繰り返す、単一の言葉などを繰り返すのも音声チックの一種(複雑性音声チック)です。

ちなみに、このような複雑な音声チックは10歳以降に現れると言われています。

出典:http://kaizen22.com

トゥレット症候群

複数の動作性チックと音声チックを伴い、症状が1年以上続くものをトゥレット症候群と呼びます。

出典:http://www.dr-maedaclinic.jp

チック症は以上のような症状が出ます。
チック症になった子供が幼稚園や学校でいじめられないか心配する親御さんもいらっしゃるようですが、チック症が原因でいじめられることはほとんどないそう。親は普通に子供に接してあげましょう。

子供がかかるチック症の原因って何?

なぜ子供がチック症になってしまうのか――その原因はなんでしょうか?
親は”家庭環境の所為?”
”育て方の所為?”と自分を責めてしまいがちですが、その原因は正式には分かっていませんが神経の病気であるとされています。

チックは”神経の病気”であって、心の病気ではない!

今までは心理的なものが原因でチック症になると思われていましたが、最近ではそうではないことが分かってきました。

これまで、チックは心理的な要因によるものと誤解されていました。そのため、子どもにチックの症状がみられると、多くの母親は自分のせいかと、不安になってしまうのでしょう。 いまでは、チックは神経の病気であることがわかっています。子どものうちにあらわれるのは、まだ脳が発達段階にあるからです。 つまり、成長とともに、多くのお子さんは症状がなくなるか、軽くなっていきます。

出典:http://www.dr-maedaclinic.jp

最近ではむしろ脳の機能的障害として遺伝的側面も検討されるようになり、とくに脳内ドーパミン受容体との関連が注目されています。

出典:http://www.dr-maedaclinic.jp

 チック症の基本的な原因は、生まれつきチックをおこしやすい脳の体質であろうと考えられています。チックのなかでも体と声のチックを持つトゥレット症候群では、その家族や兄弟でもチックがみられやすく、チックの出やすい体質が遺伝する傾向があるといわれています。

出典:http://get30.net

チック症の根本的な原因は”脳の体質”であると考えられています。
しかし、チック症の症状が心理状態に影響されやすいのは事実だそうです。

しかしながら、チックは本人が止めようとするとかえって増強したり、ピアノの発表会などの緊張場面で強まることがあるのは確かで、チックは心理状態に影響されやすい疾患でもあります。 またチックを発症する小児の母親が神経質で過干渉という印象を与えることも少なくありません。 これらのことから、現在ではチックを発症する小児とその親(とくに母親)との間には、遺伝上の気質的な共通性があるのではないかと考えられています。

出典:http://www.dr-maedaclinic.jp

チック症の原因は”親のせい”ではない!

チック症になるのは親の育て方の所為や、本人の性格のせいではありません!自分や子供を責めることなどないようにしてくださいね。

ドーパミンを中心とする神経伝達物質のアンバランスが関係すると考えられています。つまり、チックは親の育て方や、本人の性格に原因があっておきているわけではありません。

出典:http://get30.net

 チックになりやすい素質をもつ人が、発達の過程で神経伝達物質のアンバランスが生じやすい年齢にさしかかり、運動の調節に関わる神経の活動に不具合をきたして、チックが発症してくると考えられています。しかし、どういうメカニズムが加わり慢性化してしまうのか、どういうサインがあると慢性化しそうかということは今のところわかっていません。

出典:http://get30.net

ストレスがチック症の原因になるの?

 家庭や幼稚園、保育園や学校などにおけるストレスはチックの根本的な原因ではありませんが、誘引として作用することがあります。どれくらいチックになりやすいか、どれくらいストレスを感じやすいかは、ひとりひとりの子どもで異なっています。同じ心理的ストレスによっても、どのようなこころの状態になるか、そしてチック症が誘発されたり、悪化するかは一律ではありません。

出典:http://get30.net

ストレスはチック症の根本的な原因ではないけれど、チック症の症状には影響します。

 チックは心因性ではありませんが、周囲の状況やそれに関連するこころの状態によって変化することがしばしばあります。

 緊張が増加していくときや、強い緊張が解けたときに症状が増加し、適度の緊張を保って精神的に安定しているときには症状が減少する傾向にあります。

出典:http://get30.net

学校ではなく、家庭ではチック症が出やすいことも。それは家庭環境に問題があるわけではなく、子供が家庭でリラックスしているということなのです。

 幼稚園、保育園や学校ではチックが目立たないのに家庭ではチックが多いことがありますが、これは家庭に問題があるからではなく、むしろ学校などで緊張したあとでリラックスするためです。

出典:http://get30.net

子供がチック症になったら……親が出来ることとは?

子供がチック症になったら親はどう子供に接したらいいんでしょうか。

親の姿勢として大切なことは、この病気をよく理解することが第一です。親がクセをやめるように強く叱ったりしないようにしてください。子どもは自分の意思で行っているのではないので、叱られてもやめることができずに新たなストレスを生み、症状が悪化するということもあります。チックはけっして子どものせいではありませんので、強く叱るのはよい対応ではありません。

出典:http://sp.kateinoigaku.ne.jp

チック症になった子供のうち、九割が一年以内に症状が治まるそうです。チック症の子供を心配してしまうのは当然ですが、チック症の症状を叱ったり過剰に心配したりは子供の負担、ストレスになtってしまいます。

親にとってて最大の難題となるのは、チック症に対する自分たちの見方であるといえるでしょう。

ときどき、正直に考えてみることができるかもしれません。「わたしはチック症のために子どもが感じる気まずさよりも、自分の感じる気まずさのほうを心配しているだろうか」と。

正直に考えたときに、自分の心のなかにきまり悪さのような意識がもし、あるとするなら、それは全く捨て去る必要があるものです。

出典:http://kaizen22.com

父親はこういったことに気を付けましょう。一方、母親が気を付けなければいけないこととは何でしょうか。

一方、母親が一般に避けなければならない別の点があります。夫やほかの子供たちをないがしろにしてその子だけに没頭するという極端です。

バランスをとってだれも無視されないようにする必要があります。それに、親にもやはり自分たちのための時間が必要です。

出典:http://kaizen22.com

幼児(三歳~五、六歳)の子供に対しては……

あたたかく子供を見守ってあげましょう。

この頃のお子さんは、症状があっても本人があまり気づいていない、気にしていない場合が大半だと思います。
基本的には温かく見守ってあげるのがベストだと思います。症状を見ている側の親は気になるでしょうが、ここは悪化を防ぐ為にも、ねほりはほり聞くのは我慢してくださいね。

出典:http://ameblo.jp

小学生(五、六歳~十二歳位)の子供に対しては……

人の目が気になる年齢となります。学校生活が不安な親御さんは学校側とも連携を取るようにしましょう。

この時期がお子さんの症状が増減に左右する重要な時期だと思います。

小学生になった期待と不安であったり、

『初めて第三者に症状を指摘される』

ことを体験する時期でもあると思います。
このくらいになると子供なりにしっかりとした自我が有りますので、お友達からの指摘がかなりショックだったりします。
そして恥ずかしいので子供は子供なりに頭を使い、お友達に自分なりに考えた精一杯の言い訳をしたりします。
その言い訳行為により精神的に疲労し、症状の悪化に繋がることになります。

出典:http://ameblo.jp

患者さんの親はどうしてあげればいいのか?


『何でも話せる家庭環境、何でも話せる親子の信頼関係を確立させること』

だと思います。


これは僕的に一番大事なことだと思っています。

この時期に上記のことを確立させられることによって、思春期、大きな反抗期の中学、高校時代の期間でもいろいろ話せる関係を維持出来ることが多いからです。

出典:http://ameblo.jp

あと、お子様の症状の状態によっては学校側の協力が必要になってきます。

担任に話をしにいく事をオススメします。もちろんお子様には話しにいくことは内緒でいきましょうね。(言うとかなりの確率で嫌がられるとおもうので)

その際にトゥレットの資料等を持参して説明したほうが良いかと思われます。
案外チック等に関して全く無知の教員って以外に多いんです。なので中途半端な説明をしてしまうと間違った解釈をされてしまったりするので、ここは親御さんがしっかりと正しい知識を担任に教えてあげてください。

出典:http://ameblo.jp

子供がかかるチック症についてまとめてみました。

多くの子供が経験するチック症について調べてみました。原因は親のせいでも子供のせいでもありませんし、ほとんどの子供が治る病気です。

心因的な原因をされていた時代は、親の過干渉や不安に問題があるかのように言われて、苦しむお母さんがたくさんいました。しかし、チック症は育て方のせいで起きるものではありません。子どもの性格や精神力も関係ありません。もちろん学力に影響するようなこともありません。

出典:http://blog.livedoor.jp

大切なのは、周囲が正しく理解して特別視しないことです。目立つ動きがあると、つい「やめなさい!」とか「ほら、また!」と注意してしまいがちです。すると、「そこに意識が集中してむしろ増やしてしまうことが多い」

出典:http://blog.livedoor.jp

やめなさいと言われてもやめられないのがチックです。ここを忘れることなく、「温かく無視する」のがベスト対応といえるでしょう。 

出典:http://blog.livedoor.jp

チック症にかかる子供は多く、ありふれた病気であること。
大半の子供は一年以内に自然に消滅してしまう症状であること。
自然に治らなければ薬での治療も出来、日常生活もきちんと送れます。

親は子供をあたたかく、特別視せずに見守ってあげることが大切です。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ