年齢なんてただのナンバー!34歳で独身のみなさん、心配ご無用!!

現代社会では独身者が増え、また結婚も高齢化の一途を辿っています。ひと昔ふた昔前とは明らかに感覚が違ってきています。例えば34歳、働き盛りの女性を例えてみましょう。34歳は女性としても女盛りです。しかし仕事に没頭しすぎて独身の方も多いのでは?

結婚に憧れはありますか?

親の世代やそれ以上の年齢であれば、34歳で独身だったら焦る気持ちがあっても当たり前だったかもしれません。

今と昔では少し違う結婚観

昔に比べて女性の社会進出が目覚ましくなり、職場には女性の管理職や上司の存在だって珍しくなくなりました。

34歳と言う年齢、ちょうど仕事の上でも脂の乗ってくる頃です。
キャリアを狙うか、それとも独身生活にピリオドを打って今後の自分の人生を優先するかを考える時期にも差し掛かる頃ではないでしょうか。

独身でも全く平気な世の中になり替わった?

今の世の中、「結婚」「独身」「結婚年齢」にこだわりを持つことが少なくなっているのも事実です。

そうは言っても女性には結婚をもしも考えるのであれば、「出産」と言う仕事が待っています。
独身が長ければもちろん、結婚する年齢は先送りになります。

そうなると出産にもリスクを来たしてくるのも考えなければいけない事のひとつです。
結婚に対しての憧れ、母になる事への憧れ、きっとあることでしょう。
34歳はちょうど悩みどころの「分岐点」とも言える年齢かもしれません。

世間は結婚への関心が低くなってきているのは事実かも

就職難をくぐり抜け、どうにか希望の就職先で仕事をする事が出来たみなさんにとって、今の社会人としての34歳の自分は、とても充実している事でしょう。

月曜から金曜まで、職によっては勤務のシフトや休日も異なりますが、仕事に没頭している間は、働いている楽しさ、達成感でいっぱいだと思います。

ある意味、独身だから精一杯お仕事が出来る、と言うのも事実ではないでしょうか。
もしも結婚していたら?
旦那さんのお世話、子供お世話、家事もある毎日です。

朝から場合によっては終電間際までの残業、そんな風にフルで仕事に身を粉にする事は出来ません。
独身だからこそ、ここまで徹底して仕事に打ち込めると言うのはあります。

独身仲間の存在が、独身の気持ちに安心感を

職場には仲間もいます。
気の知れた、そして時には苦境を一緒に乗り越えたりもした仲間です。
心地いい関係の大切な仲間たちです。

一緒にランチ休憩をしながら、仕事の愚痴やプライベートな話、時には仕事が終わって一緒に食事がてら飲みに行ったり。
独身だからこそ出来る「急な誘い」でも出掛けられるこの自由!

確かに職場でも辛い事や大変な事はあるでしょう。

時には逃げ出したいような事もあるはずですが、そんな事にも集中して取り組めるのはそれだけ重要な任務を任されているから、そして34歳と言う年齢からの信頼でもあるでしょう。

そう言った事をたくさん乗り越え経験していくうちに、どうも独身の自分が「正の形」と思い込み、そのうち結婚に対しての現実味を感じない様になっていくのかもしれません。

独身を貫くつもりではなかったものの気付けば34歳。焦りは?

もう少し若い頃、例えば20代半ばくらいの頃は自分でも結婚への憧れがあった時期も。
「30代までには結婚して独身生活は20代のうちに楽しむ!」と考えていた方も多いことでしょう。

しかしなかなか自分の思うようには動かないのが現実の人生と言うものです。
そして気が付けば、自分も34歳になっていたと言う本当の現実。

結婚への憧れ。忘れるつもりはありません!

結婚への気持ちもゼロではありません。
女性ですから独身で一生終えるのではなく、ウエディングドレスも着てみたいし、母親にもなってみたい。

好きな人と一緒になって、苗字が変わった自分を想像したりもしたことが一度や二度はあるのでは?
それが普通です。
独身を意識した人生ではなかったはずです。

友達からの結婚報告が増える時期、または結婚式への招待状が届くことで何となくぼんやりと結婚に対しての意識がチラつく時もあるかと思います。
そこから数年して、34歳。

ふと気が付いた時に、
「独身のまま、34歳になってた」と、
我に返る事も、もしかしたら経験したかもしれません。

ただみなさんもご存知の通り、焦ったところでこの現実はどうも変化しないのです。
そう、独身生活打破は、自分だけで解決できる問題ではないからです。

お付き合いしている方がいる場合は、少し現実的に結婚へ近い段階にいる「かも」しれません。
もちろんお相手の考えがありますので、そこが鍵にもなりますし、みなさんがどう考えるかにもよります。

女性34歳、結婚資金として貯金はありますか?

結婚への憧れ、独身への焦り、34歳と言う年齢からやはり現実問題、もしも自分に結婚のアプローチがあった場合も考えなければいけません。

「もしも」の幸せな日が訪れた時のための「貯金」

実は結婚は、ある日突然やって来るパターンも非常に多いのです。
もしもその「突然」がやってきたら?
しかしその時に、34歳で結婚資金がなかったら?

社会人としてももう、おおよぞ10年は超えているはずです。
その時に貯金がなかった場合何かと難を期すことがあるかもしれないので、いざという時のために貯金はある程度貯めておきましょう。

独身だから、と湯水のようにお金を使う生活はもう卒業しましょう。
そこからが、もしかすると独身卒業への準備段階に入る事になるかもしれません!
34歳、もうお金の管理をするには十分のお年頃です。

34歳はまだしたい事をすべき年齢!

34歳、世間的にはまだ若い働き盛りですし、34歳のママもたくさんいるのは事実です。
しかし34歳の人生は1度きり。
結婚に囚われず、まだ自分のやり残したことを思い切りやり尽くして全然大丈夫です!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ