「距離を置く」…恋愛における冷却期間について考えてみましょう。

恋愛には順調に進むこともあれば、少し関係が停滞してしまい「距離を置く…」といった選択をするカップルもいます。俗にいう、恋の冷却期間。この距離を置くことの意味や注意すべきこと、重要となる期間について様々な観点から考えていきたいと思います。

◆距離を置く…冷却期間とは?

距離を置く、すなわち冷却期間というのは…今の関係を見直すためにしばらく恋人同士という距離から離れ、お互いを見直す期間のことを言います。

◆距離を置く2つのパターン

2人の関係性を取り戻すため

喧嘩や何かしらの揉め事が発生した時、もしくは倦怠期など。2人がラブラブで順調だった頃の関係性を取り戻すために、一旦距離を置く選択をするカップルが多いです。

別れるか、一緒にいるか

事態は少々深刻で、別れを選ぶか一緒に居ることを選ぶか…将来をより深く真剣に考えるために距離を置くパターンもあります。

◆距離を置くのに多い「理由」とは?

価値観の違い

お互い別々の人間なので考えや価値観の違いが生じることは仕方のないことなのですが、埋められない価値観を理由に少しの期間だけ距離を置いてみるカップルもいます。

将来への不安

恋人として付き合っているぶんには楽しいけれど、結婚を考えるとどうなのだろうか。これから先の将来を考えた時に別れも選択肢にあり、ひとまず距離を置くこともあります。

仕事やお金のことなど、相手を好きな気持ちだけでは乗り越えられない問題は沢山あります。そんな中で、将来性を見出せない恋人のことを考え距離を置くパターンも。

長すぎた春…

長年一緒に過ごしていると、お互いが空気のような存在になってしまうことってありませんか?これ以上の進展があるのかも分からない場合は、いっそのこと距離を置く選択もアリかもしれません。

周囲からの反対

恋人との関係性は至って良好でも、友人や家族からは反対をされてしまっている。どうしたら良いのか分からずに、ある程度の期間距離をおいて様子を見ながら待ってみることも。

喧嘩が絶えない

喧嘩が絶えず口論ばかりしてしまうカップルは、あまり良い状態とは言えません。少しの期間だけ距離を置いて、お互いを思いやる気持ちを取り戻すべきです。

ドキドキ感が無くなった…

いわゆる、倦怠期のようなものでしょうか?恋人のことを好きな気持ちはあるものの以前のようなドキドキ感が無くなってしまい、トキメキを取り戻すために距離を置くカップルも少なくないでしょう。

浮気をされた

恋人に浮気をされた、もしくは自分がしてしまった…。許せるべきかどうかすぐに結論が出せず時間を要するため、冷静に考えるために距離を置くこともあります。

◆冷却期間に考えるべきこと

まずは、冷静になることが大事

とにかく冷静になりましょう!距離を置くことになった過程や、これから自分はどうしたいのか。何を考えるにも、まずは冷静になることが大事です。

現状を把握する

そもそも、2人はどうして距離を置くことになったのでしょうか?現状は、しっかりと把握しておきましょう。

自分は、何が不満なのか

冷却期間を設けて距離を置くということは、何かしらの理由が存在するということ。あなた自身は、恋人の何が不満なのでしょうか?これを機に、具体的に考えてみましょう。

自分は、どのような恋愛を望んでいるのか

あなたは、どんな恋愛をしたいですか?この先、どのような展開を望んでいるのでしょうか。距離を置く選択をしたこの期間の中で、自分自身の想いを改めてまとめてみるのも大切でしょう。

別れた後を想像してみる

冷却期間を設けるということは、別れるといった結末が無いとは言えません。恋人と別れた後のことを、出来る限りリアルに想像してみてください。

別れが少しでも辛いと感じたのなら…

冷却期間の間にリアルに別れた後のことを想像してみて、少しでも別れることが辛く悲しいと感じたのなら…別れるといった選択肢は踏み留まるべきなのではないでしょうか?

距離を置くという行為は、こうして自分自身の素直な想いに気付かせてくれるメリットがあります。相手に対しての愛情を改めて確認する良い機会になる場合もあるでしょう。

◆冷却期間を言い出したのは…男から?女から?

実は、男女の間には冷却期間の「距離を置く」ということの認識に対してズレがあるようなのです。どちらから言い出したかによって、結末が変わってしまうとも言えます。

女性から言い出した場合

女性から「距離を置こう…」という意味合いとしては、お互いを見つめ直す前向きな冷却期間を望んでいることが多いです。

基本的に別れなどの意志は無く、あくまでもお互いや彼への愛情を再確認するためのポジティブな冷却期間のつもりなのです。

男性から言い出した場合

厄介なのは、男性から言い出した冷却期間。男性から言い出す場合は、別れを視野に入れているパターンが非常に多いです。

すぐに別れるのは難しそうなので「距離を置く」という名目で、この冷却期間を別れるためのワンクッションとして捉えているのです。

あらかじめ、期間を決めておこう!

ちょっとした喧嘩なら…

ちょっとした喧嘩などが原因での冷却期間なのであれば、2週間程度が妥当なのではないでしょうか?お互いが冷静さを取り戻すためには、ちょうどいい期間です。

復縁を望むのなら…

別れる気はなく関係の修復を望むのなら、冷却期間は1ヶ月以内で終わらせましょう。お互いを見つめ直すためには十分な期間です。

3ヶ月以上は危ないかも…

冷却期間が3ヶ月以上続くというのは、ちょっぴり危険です。別れの可能性が大いに考えられます。逆を言えば、3ヶ月離れていても平気な状態になってしまっているわけです。自然消滅さえ考えられます。

まとめ:冷却期間=冷静に考える期間

恋人同士だからと言って、いつも一緒にいれば良いというわけではありません。距離が近すぎるあまり関係がこじれてしまうこともありますから、お互いの愛情を再確認するためのポジティブな機会として冷却期間を考えてみてはいかがでしょうか?距離を置く選択をすることで改めて恋人としての良い関係を築いていけたら素敵ですね!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ