入社が一緒!気心知れてる!ゆえに同期との恋愛を波風立てないテク!

新しい環境で社会人生活を一緒にスタート!「同期入社の仲間たち」、職場での最大の理解者であり最大のライバルかもしれません。それは仕事だけではなくプライベートでも。同期入社の気心知れた仲間ゆえに恋愛感情も湧きやすいものです。同期との恋愛、どう成功させますか。

会社での同期入社、大切な仲間たち。

長い学生生活を終え晴れて社会人として仕事に就く、その人生の中でも大きな転機を一緒に迎える仲間たち、それが「同期入社の仲間たち」です。

学生時代とは違う生活の始まり

同じ時期に就職活動という関門を何度もくぐり抜け、そして最終的に射止めた就職先。
そこから始まる新たな生活は、今までの学生時代とは全く異なります。

しかし社会に出ても、日々課せられる仕事だけがみなさんを待っているのではありません。
経験した事がない様々な人間関係、仕事上でのトラブルや壁、そして「恋愛」も待ち構えています。

同期は敵?味方?

社会人の第一歩を踏み出した時から一緒の同期入社の仲間たちは、いつでもどんな時でも信頼できる仲間たちでありながら、ライバルにもなり得ます。

仕事上のライバル、もちろんそのイメージが強い事でしょう。

しかしそれだけではありません。
朝から晩まで長い時間を共にする中で、「恋愛関係」に発展する事もあるのです。

同期だからこそ!そのうち恋愛感情も。

もちろん入社してすぐの立場であれば、恋愛がどうのこうのと浮足立った事を職場で前面に出していたらすぐに先輩たちにきつく叱られることでしょう。

会社はあくまで仕事を任され遂行する場所です。
恋愛目的での場所ではありません。
そうは言っても1日のうちで自宅にいる時間より明らかに長い時間一緒にいる同期、同僚たちです。

様々な苦境や困難や時には喜びを共に乗り越える同志として、気持ちの繋がりが深まることは間違いありません。

配属先が同じ事からますます距離が近づくことも

特に同じ部署に配属された同期の場合、そしてそれが異性の場合は困難を一緒に乗り越えた後は何となく少し今までとは違う感情が湧くことも珍しくないのです。

あなたの涙ぐむ姿に同期の彼がさりげなくフォローしてくれたり、イライラの限界の時に一緒にやけ酒を飲みに行ったり、そう言った些細な事が積み重なると案外大きいのです。

あなたも同期の彼が、上司や取引先との関係や取引の結果によって落ち込んでいる時に、さりげない言葉を掛けたりすることがあると思うのです。

気が付けばお互いが心の支えになっていた

そんなお互いの配慮や励ましが、とても嬉しいと感じる事が多いのが職場です。
ひとりで戦っているのではない、そう思えると心から嬉しく感じられるのが、特に同期なのではないでしょうか。

そこから気付いた時に、「同期の彼」の存在が「恋愛対象の彼」にもなっているのです。

緊張、不安も同じレベル、だからこそ分かり合えそして助け合える同期だからこそ、恋愛の感情も湧きやすいのかもしれません。

恋愛を続けられるなら幸せですが。

ひとつだけ忘れてはいけない大切な事があります。
それは「職場は恋愛の場ではなく、仕事をする場」と言う事です。

恋愛と仕事を分けて考えられるかが問題に

仕事をする中で恋愛感情を露にしてしまうと、業務に支障をきたします。
自分たちももちろんの事ですが、周囲の同僚たちは仕事が進めにくくなり得るのです。

それがまだ順調に恋愛関係が進んでいるのであればまだしもですが、2人の関係がぎくしゃくしていたり、ややこじれていたり、最悪は破局を迎える直前であったりすると、周囲はますます気を遣います。

これでは仕事どころの話ではなくなります。
プライベートな話題が職場の空気さえ乱します。

周りに迷惑を掛けない空気感が大切

同期同士の恋愛だと特に、同期の仲間たちはもちろん心配をしますし2人にどう話しかけるべきか、また2人の仲を取り持とうとする同期の配慮も見られるようになります。

それでは同期一同諸共、場合によっては仕事に手がつかなくなることもあるのです。
気を遣い過ぎた同期同士の恋愛の結果、業務が滞る、ミスが増える、そうなっては元も子もありません。

社内恋愛ゆえのスリル、そして他の同期との関係

社内恋愛は基本的には極秘事項です。
もちろん公になってしまう事もあります。
しかしそれでも気付かないフリをする事が、時には大人の配慮とされる事もあります。

または同期同士の恋愛の中での三角関係など、2つ以上の矢印がひとりに向かっているような形も少なくありません。

大人の社会での人間関係です。
スリルを味わう恋愛の結果になるとしても、周囲に、特に仲を知る同期たちへの迷惑は最低限に抑えましょう。

これから先の関係性も考えて!

恋愛は自由です。
好きなった人がただ偶然会社の同期だっただけの話です。
しかし「大人の世界」「仕事の場」と言うことだけはしっかりわきまえて、恋愛自体は楽しむ事は悪いことではないと思いたいです。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ